コーヒーや紅茶は熱中症予防に向かないのはなぜ?

コーヒー

これから段々と、暑くなってきます。暑くなると、熱中症が心配になってきます。

水分補給に、コーヒーや紅茶など飲まれている方もいるかもしれませんね。

でも実は、この2つは水分補給には向かないのです・・

コーヒーや紅茶など、カフェや会議、仕事の休憩時間に飲まれている方も多いぐらい馴染みのある飲み物ですので、詩文補給代わりに飲まれている方は多いかもしれません。

コーヒーや紅茶には、「カフェイン」という成分が含まれています。

「カフェイン」という成分は、眠くなりにくくする効果もあるのですが、そのカフェインは、「利尿作用」と言って、簡単に言うと「トイレに行きたくなりやすくする」効果があります。

トイレに頻繁に行くという事は、水分として出してしまっているという事なので、実は、カフェインが入っているコーヒーや紅茶などは、熱中症対策や、脱水症状の予防に飲むのもとしては向いていないのかもしれません。

・お茶(緑茶にはカフェインが含むので除く)

・水

などの飲み物が水分補給には向いているでしょう。

また、脱水症状の際には、水分だけでなく塩分の補給も必要になってきます。

・経口補水液(OS-1など)

には、塩分も含めて作られているので、脱水症状の時や、風邪をひいた際など、汗をよくかくときにはおすすめです。